//教科書は捨てないで!

教科書は捨てないで!

今日は1年生、2年生の皆さんにお願いがあります。

 

1、2年生の時に使っている

学校の教科書

ノート

問題集等は捨てないでほしいのです!

 

「授業が終ったらいらないじゃん。」

 

と思うかもしれませんが、これは宝物です。

 

別に売るわけではないですよ!

 

3年生になったら必要なことがあるからです。

 

1、2年生の時の勉強は「受験の基礎レベル」を学んでいます。

 

3年になると「受験の応用レベル」の勉強をします。

 

しかし、大半の人は「基礎力不足」と判断されるのです。

 

だって1、2年生の定期テストで、

いつも満点の人はそうそういません。

 

どこかに穴が開いているのが普通ですよね。

 

まずは、その穴埋めをする必要があります。

 

それを「基礎固め」といいます。

 

これに時間がかからないようにするために、

1、2年生の時の勉強をまずはがんばってください!

 

さあ、

3年生になって「基礎固め」をする時の一番の味方

「学校の教科書・ノート・問題集等」です。

 

これを使って復習をしていきます。

 

また、英語や古文の「長文読解」の練習に一番いいのが「学校の教科書」です。

 

始めてみる長文よりも

一度はやったことがある「長文」を使って

読解の練習をするのが、ムダがありません。

 

ノートもあります。

 

そのことも考えて、ノートはしっかりとってくださいね!

 

そのレベルができるようになってから、

新しい「長文」に取り組めばいいのです。

 

だから、学校の教科書、ノート、問題集等は捨てないでほしいのです。

 

同じものを徹底的にくり返してやることで、実力はついてきます。

 

よく、

問題集ばかり買っている人がいますが、

きちんとやらないのに買ってもムダです。

 

こういうのを“積ん読(つんどく)”と言います。

 

結局は今やっている勉強が

まずは大切だということですね!