//参考書のサブスクリプションだと・・・
参考書・問題集コレクターになってはいけない

参考書のサブスクリプションだと・・・

ネットニュースで見つけたちょっとびっくりなサービスが・・・

参考書が、月額980円で使い放題になるサービスが9/17日から始まったそうです。

日本初!大学受験生向け電子参考書のサブスクサービス「ポルト」を提供開始。主要な教育系出版社12社が参画、参考書30冊が月額980円で使い放題。

参考:PR TIMES

ちょっと、いやだいぶびっくり。

定額で使い放題(サブスクリプション)のサービスって、最近すごく増えてますよね。

動画、音楽、電子書籍なんかが代表的です。

洋服や住居、家具といった生活には欠かせないものまで、定額使い放題のサービスがあるそうで・・・^^;

考えてみれば、電子書籍化されている参考書も多いので、こういうサービスがあっても不思議ではないのかもしれません・・・

そういう時代やでって言われてしまえばそれまでです。

とはいえですよ・・・

勉強といえば、教科書や参考書とノートを使って、読み書きしながら・・・ってのがしみついている身からすると、ちょっと不思議な感じが拭えません・・・

頭カッチカチやぞって感じですね・・・

 

とりあえず記事を読んでまとめてみました。

「ポルト」というアプリを使って、サービスのリリース時点で12の出版社の30冊の参考書が使い放題。

また、アプリでの学習に最適化され、参考書ごとに進捗率や正答率が分かる学習データの把握も可能で、ユーザーの反復学習を容易にしますとのこと。

2020年度夏頃には、提供冊数を100冊にするそうです。

なるほど、おもしろそう。

これからますます、デジタルな教育環境が創られていくのでしょう。

でも同時に、この「ポルト」のサービスについて、こんな記事もありました。

「大学受験の参考書が月額980円で使い放題」サービスに若新氏「勉強系でサブスクは意味がない」

参考:キャリコネニュース

この記事で、拭えなかった不思議な感じの原因がわかりました。

興味のある方は記事を熟読してみてください。

手軽にいろんな参考書を使うことができるというのは、一見するととても大きなメリットです。

自分にあった参考書を探すためにネット検索したり、本屋さんでいろいろ比較してみたりする時間を、スマホを使うことで短縮できるわけです。

さらに、自分には合わないと思った瞬間、別の参考書を探してやってみることができます。

 

しかし、長年受験生と接してきた身からすると、いろんな参考書に手を出してしまう、「参考書つまみ食い症候群」に陥りやすいというデメリットの方に目が行くのです。

受験勉強の本質は、いかに基礎の部分を完璧に近づけることができるか

基礎学力がしっかりしていれば、ある程度の点数を取ることができます。

そこからどれくらい上積みできるか、ということを考えるようになってくると、自分でやるべき課題や必要なものが見えてきます。

裏を返せば、基礎学力が中途半端なまま、あれこれあれこれ手を出してしまうことは最悪ということですね。

基礎を固めてから次の段階に進まないと、結局、成績が上がらないってことになりがちです。

 

決して、この素晴らしいサービス・アプリをディスりたいわけではありません。

成績が上がるか上がらないかは、参考書の良し悪しではなく、あなたの努力でしかないわけです。

せっかく努力するなら、ムダにならない努力をしたいものですね。

そのためには、まず基礎学力を固めることです。

こういった便利なサービスを、そのために”うまく利用する”ことができるのであれば、これほど強い味方はありません。

しつこいですが、成績が上がるか上がらないかは、あなたのがんばりでしかありません。

参考書も、こういったサービスも、それを”助けてくれるもの”でしかありません。

受験の本質を理解して、そのうえで的確にこういった便利なサービスを利用できるようにしたいものですね。

 

ちなみに、このブログで過去に似たような記事が書かれています。

こっちもよんで、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

猫を飼いたい、ただの猫好きです。 教育に関する記事だけではなく、雑学やマメ知識的な記事を書きます。 興味をひかれたものだけを記事にしていくので、統一感はまったくないです。 話が脱線すること多々あり・・・脱線が8割です