//短文暗記のススメ②

短文暗記のススメ②

短文暗記のススメpart2

今回は短文暗記の実践編!

暗記が苦手な高校生必見です。

 

前回の記事、短文暗記のススメ①では…

英語は短い文章をたくさん覚える方が効率がいい

と書きました。

 

今回の記事は短文暗記の実践編…

早速、暗記していきましょう!

 

まず、皆さんが学校でもらっている又は持っている構文問題集等を用意します。

 

どのように暗記するかというと……

  1. 英文と和訳を交互に3回音読する
  2. 和訳を隠して、和訳を当てる
  3. 英文を隠して、英文を当てる
  4. 英文を音読しながら、即訳とイメージを絡める

 

こうやって覚えていきます。

すぐ実践できそうですよね!

 

実は英語は7つの力が必要

 

7つの力とは…

 

  • 単語力
  • 熟語力
  • 読解力
  • 英作文能力
  • 文法力
  • 速読力
  • リスニング能力

 

この中で一番大切な力は…速読力!

 

何故かというと、

センター試験で一番配点が高いのは、長文問題

 

もし、2次試験で英語がある場合は、8割以上が長文問題です。

 

制限時間内に速く正確に読み取る力がないと問題が解けないんです;;

ですから、受験の本番では「速読力」が一番ものをいうんですね。

 

3年生以降は、速読を意識した問題演習をやっていってほしいんです。

 

 

速読ができるということは…

 

その前提とし普通に長文読解ができるということ!

 

普通に長文読解ができるということは、

単語も熟語も文法もわかっているということ…!

 

それに、センター試験にはリスニングもあるし、2次試験には英作文もあります。

ということは、ここに書いてある7つの力は、結局は全部必要。

 

だから、英語は早くから勉強を始めておいた方がいいんです!

 

実は「短文暗記」はこの7つの力、全部にプラスになる勉強法です。

 

さぁ、実践してみよう!!!