//短文暗記のススメ①

短文暗記のススメ①

苦手と感じる生徒も多い、英語を得意に変えるには?

今、高校生に聞くと、英語が苦手とか嫌いという人が、なんと7割以上(当社調べ)いるんですね。

それで、何が苦手かを聞くと、単語が覚えられませんとか、発音記号が読めませんという人が多いんです。

皆さんはどうですか?

 

見落としがちな、英語学習の基本のキ。

 

発音記号が読めるかどうかは、実は重要なポイントなんですね。

なぜかというと、単語は音読して覚えるのが基本です。

succeed・成功、succeed・成功、succeed・成功って10回くらい音読して、正しい読み方と意味を一緒に覚える。

それから、書けるようにするっていうのが、一般的な覚え方です。

ただ、それは人それぞれですから、違う覚え方でもいいですよ。

でも、辞書を引いても発音記号が読めないと、音読して覚えられませんね。

だから、発音記号が読めることは大切なんですね。

でも、辞書を引くと単語って意味がいっぱい書いてあるでしょ?

下手すると10個以上あったりします。

あれ、全部覚えられますか?

無理ですね。

ということは、長文の中で単語っていろんな意味に変わるってことですね。

 

効率よく英語を伸ばすには?

 

もちろん単語は覚えないといけないんだけど、英語は短い文章をたくさん覚える方が効率がいいって言われているんです。

なぜかというと、短い文の中には、単語も熟語も文法もセットで入っているんですね。

例えば、ファストフードのお店で、ハンバーガーとポテトとドリンクをバラバラで頼むのと、ナントカセットで頼むのとどっちがお得ですか?

そう、セットがお得だよね!

だから、英語もセットがお得なんです!

それで、おススメしているのが「短文暗記」です!

やり方については次回に!!ヽ(^。^)ノ