//上手なノートの取り方

上手なノートの取り方

中間テストの結果はどうでしたか?

よくなかったという人は必見ですよ!

皆さんがテスト前に勉強をするときに、一番大切な道具は何ですか?

教科書?参考書?問題集?

それも必要ですが、実は一番大切なのは「自分のノート」です!!

テスト前に、いざ勉強しようと思ってノートを広げてみたら、何が書いてあるのかよくわからない。

といったことはありませんか?

実はここが成績の差がつく、最大のポイントなんですね!!

 

 

①ノートを取る目的とは?

その時に学んでいることをマスター(習得)するためです。

マスターするために必要なことは・・・復習ですね!

つまり、ノートは復習をするために取るんです。

だから、復習するつもりがない人は、ノートを取っていないってことですね。(^O^)

②どんなノートを取ればいいのか?

それは「思い出しやすいノート」を取ることです!

せっかく復習しようと思っても、「こんな授業あったかな?」みたいなノートでは役に立ちません。

だから、授業を思い出しやすいノートを取る必要があります。

③ノートの取り方のポイントとは?

A)とにかくメモを取ること!

先生が板書したことはもちろんですが、先生が口で説明をしたこともできるだけたくさん書く。

先生が解説してくれた内容や、面白くないギャグとか、先生の実体験とか先輩たちの失敗例とか、直接授業の内容に関係ないようなことまでできるだけたくさん書いておきます。

これらが思い出すときのヒントになったりします。

B)マーキングを使うこと!

色や記号を使って、ノートを見返した時に、授業を思い出す手がかりを残します。

一番重要なことはピンクのマーキングをするとか、よくわからないところはブルーのマーキングをしておいて、後で質問する。

☆マークは暗記することとか自分でルールを決めておきます。

C)板書以外のスペースを作っておく!

授業のあとに、内容を忘れないようにするために、右側のページは復習のページとして空けておくのもいいですね。

または、ノートのページを半分に仕切って、板書は左側に書き、先生の解説などは右側とかに分けて書くとか、ノートのスペースの工夫をしましょう。

ここで大切なことは、きれいに書くことにこだわらないことです!

 

きれいじゃなくていいです。

あとで自分が読めればいいです!

きれいに書くためにはゆっくり書いてしまうので、スピードが間に合わなくて全部書けなかったりします。

これでは復習の時に困りますね。

だから、きれいじゃなくていいので、たくさん情報を書きとめることを第一に考えてください。

きれいじゃないと嫌なら、家で清書をすると、それが自動的に復習したことになりますよ!

こうやっておくと、定期テスト前にノートを見ても、勉強がやりやすい状態になっていますので、テスト前は覚えることに集中できます!

復習もテスト前の勉強も、自分の「オリジナルノート」が最大の武器になりますよ!!ヽ(^。^)ノ