//受験生の年末年始の過ごし方

受験生の年末年始の過ごし方

みなさんこんにちはイニエス太です。

今年も残り1週間、つまり共通テスト本番まで3週間ですね。

3年生にとって、この年末年始の過ごし方はとても重要!ということで年末年始の過ごし方のポイントをいくつかご紹介します。

受験生にお正月はない?

冬休みは最後の山場。年末年始・お正月に受験生に休む暇なんてない!と、言いたいところですが気を張りすぎて結局勉強が手につかなかったというのは避けたいところ。バランスよく勉強と息抜きをしてリズムを崩さないのがポイントです。というのも、勉強時間皆無の日を作ってしまうと、元に戻すのはなかなか大変です。

受験生にとって理想的な年末年始・お正月の過ごし方を、スケジュール表にしてみたので参考にして下さい。

日付過ごし方のポイント
~12月29日通常通りの受験勉強
12月30日午前中を中心に勉強
午後は自分の部屋の大掃除
12月31日家の手伝い(大掃除など)受験勉強は隙間時間に単語の暗記などをする。
1月1日朝8時には起床、基本的に普通の休日と同じように勉強する。
家族での食事や親戚への挨拶などには参加する。
1月2日基本的に通常の通りの受験勉強
どうしても見たいテレビ番組など息抜きはOK
1月3日2日と同様通常通りの受験勉強。
ただし、4日より完全に通常に戻せるように心構えをしておく。
1月4日~通常通りの受験勉強

受験生だからと勉強以外のことはしない!みたいに気負い過ぎると却って息切れしてしまうので、31日~3日までは家の手伝いや一家団欒など家族と過ごすなど。

冬休みの受験勉強と気分転換のバランスを大事に

受験生の冬休み中の普段の勉強は午前中を中心に、そして夜は10時ごろまでが理想です。大みそかと元日は家の手伝いや親戚への挨拶など家族と一緒に動いてOK。ただし、隙間時間に単語を覚えるなど完全に勉強から頭が離れて志しまわないようにしましょう。

気分転換も大切な要素とはいえ、夜更かししても夜1時頃まで、朝は必ず8時までには起きるというルールだけは守りましょう。いくら短い期間とは言え、大幅な生活習慣の乱れは軌道修正が難しくなってしまいます。

初詣には行った方がいいの?

毎年受験生からある質問が「初詣に行った方が(行っても)いいですか?」というもの。

気が緩みがちな年末年始にお参りをして気を引き締めるのも大事ですが、東京の明治神宮や福岡の太宰府天満宮など数万人単位の人が訪れる神社に行くのはお勧めできません。いくら屋外でも今年はコロナウイルスへの感染も心配ですし、近くの神社に行くくらいにしておきましょう。

冬休み中に勉強習慣を夜型から朝型へ

受験勉強には、夜型と朝型の両方のスタイルがあると思います。最近では朝型の方が効果的という意見もありますが、この辺は人によりけりだと思います。ただ、いずれにしても共通テストを始め、大半の試験は午前中から始まります。よって本番では朝型にせざるをえません。

肝心な入試本番で力を発揮するためにも、この時期に、朝型に変更しておきたいところです。

共通テストを受ける人も受けない人もいい年末年始の過ごし方をして、万全の状態で本番を迎えたいですね。