//腐らずに発酵する
腐らずに発酵する

腐らずに発酵する

もう3学期も終盤ですね。

1年生の皆さんは、高校生活の1/3が終わります。

2年生の皆さんは、高校生活の2/3分が終わります。

“光陰矢のごとし”といいますが、ホントに時間が過ぎるのは早いです!

高校に入学するときに、皆さんは色々な夢や希望を持っていたと思います。

勉強ではこうしたい、部活ではこうなりたい、プライベートではこうありたい。

しかし、時間が経つにつれて「全然うまくいかない」とか「もうあきらめよう」とか「もうやめたい」とかになっていませんか?

色々と悩んだり、迷ったり、人を羨んだり、自己嫌悪に陥ったりしている人もいるのではないでしょうか?

「すべてがうまくいっています」という人は、少ないと思いますから、それが普通なんですね。だから安心してください。

高校生の頃は、一人の人間として、まだ自分という存在(人格)が確立されていません。

確立されていないから、悩んだり、迷ったりするのです。

それを一つひとつ乗り越えていくことで、自分という人格が出来上がっていきます。

これを“成長”といいます。

人間は死ぬまで“成長”しますから、まだまだ序の口ですね。(^o^)

あるテレビのトーク番組で、金八先生こと武田鉄矢さんがこんなことを話していました。

「いやなこと、できないことがあっても腐ってはいけない。腐らずに発酵することです。」

さすが金八先生ですね!

“発酵”するということは、どういうことかというと“化学反応を起こす”ということです。

“化学反応”は違う物質がぶつかって起きます。

つまり、いつもと同じことを繰り返していたり、同じ人とばかり話しをしていたりで、変化が少ないと“化学反応”は起きませんよね。

いつもと違うことに取り組んだり、違う人と話をしたり、違うものを取り入れたりすることで“化学反応”は起きます。

毎日、同じことをやっていて、同じことで悩んでいても何も変わらない。これが「腐る」ということ。

それならば、勇気を出してチャレンジしてみること。これが「発酵する」ということです。

「発酵する」とどうなるか・・・違う物質ができます。違う考え方ができます。違う自分に変われます。

また、武田鉄矢さんはこうも話しています。

「人は苦手なことをできるようにするほうがおもしろい。」

「得意なことを自慢している人は誉められませんが、できないことをできないと言える人には応援したくなる。」

「そこには協力してくれる人が集まってくる。」

できないことを、一人ではなく、応援してくれる人たちに協力してもらうことで「発酵する」ことができるということです。

皆さんの周りには「発酵応援隊」がたくさんいます。

ご家族も、友だちも、先生も、相談室やオフィスのスタッフも、みんな応援しています。

ほんの少しだけ勇気を出して、協力を求めてください。

自分が変わるためのきっかけは、自分がちょっとだけ勇気を出すこと!

それが「腐らずに発酵する」ということなんですね!

昔から「思い立ったが吉日」と言います。

意味は「何かをしようと決心したら、あれこれと考えずにすぐ実行するほうがよいこと」です。

ちょっとだけ“勇気”を出すことが、あなたの未来を変えてくれますよ!!ヽ(^。^)ノ