//これであなたも数学が好きになる!…はず。
数学の勉強

これであなたも数学が好きになる!…はず。

文系の生徒さんでも、国公立や経済学部系などを考えている人は「数学」の対策が必要になりますよね?

でも、どうしても「苦手意識があってなかなか取り掛かれないです(>_<)」という声をたくさん聞きます。

 

 

 

 

今回は、そんな生徒さんに「数学が好きになるコツ」をご紹介したいと思います☆彡

 

 

 

 

 

■数学は積み重ねの学問

二次関数の問題がわかりません…。
数学を苦手とする人の中でも多い分野だと思います。

 

 

 

 

この背景にはいくつか原因があります。

まず「なぜ」できないのかを調べることから始めましょう。
初めて二次関数の問題を解いたとき、因数分解やグラフの理解、式を整理するなどやり方が複雑に思えましたよね。
二次関数の「なに」ができないのかがわからない…といった状態になり数学から離れていく方が多いと思います。

 

 

 

 

どの科目の勉強にも当てはまりますが、「なぜ」できないのか研究することが学力を上げる最短の道のりです。

 

 

 

先ほどの二次関数を挙げると、因数分解ができない→グラフがうまく書けない→グラフが書けないから最大・最小が出せない…といったように、できないならば必ず原因があります。

 

 

 

この基本の考えを意外と忘れている、気が付かない方が多いように感じます。わからないと、勉強が楽しくない、やりたくないの悪循環に陥るのは当然のことです。

 

 

 

 

 

■受験生でも中学の内容に戻る勇気が必要

「もう受験まで一年ない」「簡単な問題やる時間なんてムダ」

そう思われる方が大半だと思います。

しかし、学力を上げるうえで、これは非常に重要なことです。

数学というのは「学問」であり、ピラミッドのように土台がないと成り立たないのです。

簡単な例を挙げると…掛け算ができないのに、因数分解はできません。
この例は大袈裟ですが、中学で習うであろう、円や球などの図形の基礎知識、数と式の基礎的な処理の仕方などは数学を解くうえで、骨となる分野です。

骨がボロボロではしっかりと肉はつかないので、中学までとは言わずとも、高校一、二年の内容を教科書等の例題をやるだけでも違いを実感できるはずなのでぜひ復習してください。
その際にできない分野が多々出てくると思いますが、答えを見て終わりではなく、解き方を理解したうえで、「必ず」類題を答えを見ずに完答できるまで何問も解いて下さい。

例題だけで済ませると、身についていない状態なので、一か月もすればまた、スタートラインに逆戻りしてしまいます。

 

 

 

 

1 .「わかる」と「できる」は違う!

授業では理解していたつもりでも、いざ自分で解こうと思っても、なぜかペンが進まない。こういった経験をしたことはありませんか?
「でも言われればわかる」「答えを見ればわかる」そう反論したくなります。
もちろん理解することが第一歩でそこを乗り越えられたことは素晴らしいことです。

ですが、そこからもう一歩進まなければ、自分で問題を解くことはできません。
苦手意識はないが、得点につながらない多くの学生はここでつまずいているはずです。
受験生時代はもちろんのこと「わかる」を「できる」に変えてあげることで、飛躍的に成績が伸びるのです。
そのために、先ほども述べたように、答えを見ずとも問題を見ただけでどのように解けばよいか頭にパッと浮かぶレベルまで演習することが重要なのです。

 

 

 

 

 

試験前はできたのに・・・なぜ時間がたつとできなくなる?

 

 

 

 

 

それは、悪い意味の暗記数学になっている証拠です

問題の演習は非常に有効ですが、ただの作業にならように頭を使いながら取り組むことが必要です。

この公式はなぜ使うのか、どの値をだすために計算しているのか、求めた答えは何を示しているのかを常に考えながら解くことで、同じ問題を解いていても得るものは何倍も差が生まれます。

 

 

 

 

2 .数学ができる人の頭の中を見てみよう!

クラスに一人は、やたら数学ができる人がいますよね。

そういった人はどのように解いているのでしょうか?
直接聞いて、勉強のやり方を聞いてみるのも非常に有効な方法です。
もちろん、人それぞれやり方がありますが、天才型と呼ばれる方々のやり方は参考にならない事が多いです。
今から紹介するのは誰にでも当てはまる、努力すれば全員身につく方法です。

 

 

 

 

問題を見た瞬間、解法を的確に判断している

フローチャート

フローチャート

数学ができる人に共通して言えるのが、問題の解き方を聞いた時にスラスラと口から解法が出てくることです。

これはどういうことかといいますと、意識的、無意識的に関わらず、頭の中で解法がフローチャートのように連鎖して記憶されているのです。
つまり、意識的に自分でフローチャートをノートなどに作り、頭の中の解法を可視化、整理することで、できる人と同じ頭にしようというわけです。

 

 

 

 

3.応用力をつけろと言われるけれど、どうすれば…

応用力とはよく言ったもので、簡単に説明すると、
普段授業で取り組んでいるのは「縦型」の学習で、入試問題を解く際に必要な勉強が「横型」の学習になります。
では「横型」の学習について、具体的な例を挙げてみましょう。
Q,三角形の面積の求め方を挙げられるだけ述べよ

こう聞かれた際に、底辺×高さ÷2は誰でもこたえられますよね。ほかには、内接円を利用したり、ベクトルを用いたり、ヘロンの公式を利用するなどがありますが、いざ聞かれるとパッと思いつかないのではないでしょうか。
これが先ほど述べた「横型」の学習です。

予備校や学校の通常の授業では分野ごとに「縦型」の学習を進めていくので、盲点になりがちですが、応用力の正体は身近にあったのです。
この学習をすることによって、解法のレパートリーが増え、どんな問題にも対応する土台ができるのです。問題の別解もやれという理由はここにあったのですね。
この段階までくれば、あとは過去問なり、難しめの参考書などに取り組むと学力がグンと上がるはずです。

 

 

 

 

 

おわりに

いかがでしたか?

役に立つと感じた一部だけでも、受験勉強の足しにしていただければ幸いです。

数学を解いていて「楽しい!」と感じる瞬間がきたら、もう数学はぐんぐん伸びていきますので、辛抱強く取り組んでみてくださいね(^^)/

 

 

 

 

 

参考サイト

[大学受験] 数学が苦手?できる人となにが違う? 今日から使える3大勉強法!

 

 

 

 

 

 

 

 

千葉県生まれ、東京住まいを経て、現在は神奈川県在住。首都圏を駆け巡ってきたしし座のO型。今日もブログのネタ探しに全力疾走しています!