//成績の伸び悩み・・・もしかしたら勉強の仕方が!?
成績の伸び悩み・・・もしかしたら勉強の仕方が!?

成績の伸び悩み・・・もしかしたら勉強の仕方が!?

 

受験勉強はただ時間をかけてやっているだけでは伸び悩んでしまいます。
もし、こんな勉強をしていないかチェックしてみてください!

☆誤った勉強法を続けても、結果は出ない!

よくない勉強の仕方をしてしまうのは、よくない勉強方法しか知らないからかもしれませんし、無意識に楽な方向に流されているのかもしれません。
受験期は不安や焦りが大きく、とかく視野が狭くなりやすいものです。今一度、客観的な視点から自分の勉強法を見つめ直したり、周りにアドバイスを求めたりして自分に合った勉強方法を見つけましょう!

◆既に理解していることばかり勉強している

わからないことをわかるようにすることが本当の意味での勉強です。そんなの分かってるよ!と思うかもしれませんが・・・。
この原則から外れ、既にわかっていることばかり勉強しているケースは意外と少なくありません。
(例えば、十分に理解しているレベルの問題集ばかり解いている、得意な教科や分野ばかり勉強している etc…)

こうした勉強をしてしまう要因のひとつは、わかっていることを勉強するのは気分がいいからです。
問題集を解いた後に自己採点をして全問正解だったら、「勉強した!」「できた!」といった達成感があるでしょう。
しかし、それが簡単過ぎる問題集なら、いつまでも学力は高まりません。一方、やや難しい問題集にチャレンジして、わからないことを1つ1つクリアしてわかるようにしていくことが勉強なのです。自分の実力より少し上の勉強に意識して取り組むことで学力はどんどん伸びていきます。

 

◆勉強しているレベルが高過ぎる

先ほどとは正反対のケースです。目標を高くもつのはすばらしいことですが、難し過ぎるレベルの勉強を続けても、なかなか学力は高まりません。
まず基礎をしっかりと固め、勉強の地盤をしっかり固めましょう!

 

◆整理することに夢中になっている

授業中のノートを丁寧にまとめているのに頭の中に入っていない生徒がいます。
これは学ぶことよりも、整理することに夢中になってしまっているからです。

確かにペンで色分けをするなど視覚的に整理をすると、理解や記憶の助けになるものです。
しかし、人によってはノート整理が目的になって学ぶことが二の次になってしまう場合があります。

ノートをきれいに整理すること自体は別に悪いことではありませんが、その行為がきちんと学びにつながっているかを振り返ってください。

◆目標が明確ではない

志望大学が決まっていれば対策が明確になるため、効果的な勉強ができます。
逆に目標が不明確な場合は、広く浅い勉強になりがちです。そのため、できるだけ早い時期に志望校を決めるのがいいでしょう。迷っているとしても、自分の学力で狙える大学のレベルは大体わかるでしょうから、それに合わせた勉強を進めるようにしましょう。

 

◆まとめ

勉強は、学びの姿勢がとても大切だということですね!
受験は甘くありません!本当に甘くないです!!センターが近くなってきて受験生は早くやっていればよかった・・・
という声を毎日のように聞いています゜・(x ω x)・゜。
この言葉を吐き出さない為にも早く自分の勉強の仕方を見直しましょうo(-`д´- o)ガンバッテ!!

 

いつも読んでいただきありがとうございます♪