//入試にも役立つ!日常の中で鍛える語彙力・読解力

入試にも役立つ!日常の中で鍛える語彙力・読解力

授業を受けているとき、問題を解いているとき、難しい言葉や文章の意味がわからずに詰まってしまった経験はないかな?

それはもしかすると、語彙力・読解力が足りていないのが原因かも!

そうした「つまずき」を減らして効率よく学習を進めるには、言葉の力をつけることが大切。今回は、この語彙力・読解力を普段の生活の中で鍛える方法について解説していくよ。

言葉の力は学力につながっていく!

例えば国語の教科書を読んでいるときに、文章中の言葉の意味がわからないと、内容がうまく頭に入らない。また数学でも、問題文が長くて題意をくみ取れないと、いくら計算が得意でも問題は解けないよね。このように、語彙力・読解力は各教科の学習の基礎となるものなんだ。

まずはキミの今の語彙力をチェックしよう!

「語彙・読解力検定」サイトの「チャレンジ!ミニ検定」というコーナーに挑戦し、キミの語彙力は検定の何級程度にあたるのかを知ろう。新聞やニュースで見かける言葉をはじめ、いろいろな言葉を知るチャンスにもなるので、気軽にやってみよう!

チャレンジ!ミニ検定

 

 

いざトレーニング!気軽に取り組めるオススメの方法は?

新聞

語彙力・読解力を身につけるために、まずオススメしたいのは「新聞を読む」こと。新しい文章を、毎日たっぷり読める点が大きなメリットなんだ。今知っておきたい語彙を学べるし、社会的に関心の高まっている時事問題にも触れられるよ。

本・雑誌

次にオススメなのが、「本を読む」こと。エッセイや評論文をはじめ、できれば小説以外の分野の本もたくさん読むようにしよう。その方がいろいろな言葉を知ることができるよ。学校の図書室や地元の図書館に行って、興味のある本を見つけてみよう。

Twitter

忙しくて時間が取れない人は、「Twitterを眺める」ことから始めてみるのもアリ。紹介した「チャレンジ!ミニ検定」に似た問題を載せている、「語彙・読解力検定」の公式アカウントをフォローしよう。新しい言葉をクイズ感覚で学んでいけるよ。

どのトレーニングの時も、知らない言葉に出会ったら意味をすぐに調べよう。わからないことをなくしていくことが、語彙力を伸ばす秘訣なんだ。また、新聞を読んでいて疑問に思ったことがあれば、インターネットで調べたり、保護者の方や先生に聞いてみたりしよう。

語彙クイズをつぶやいてくれる公式Twitter

 

 

努力の成果を「語彙・読解力検定」で確かめよう!

身につけた語彙力・読解力は、「語彙・読解力検定」を受検して確認しよう。キミの実力が級として認められて、受検後は分野別の得意・苦手もわかります。また、合格すれば推薦・AO入試の選考で評価されることも!

次回の個人受検の検定日は6月18日(日)です!

3月1日(水)から公式サイトなどで申し込みを受け付けだそうなので、やってみたい人はぜひチャレンジしてみよう!

語彙・読解力検定公式サイト

引用:マナプラ

最後まで読んで頂きありがとうございます。 受験生向けにちょっと笑えるようなネタや、ウッと胸に刺さるような話を投稿しています。 得意記事:小ネタ、雑学系 このライターの記事を見る