//部活や勉強に役立つ手帳活用術!
部活や勉強に役立つ手帳活用術!

部活や勉強に役立つ手帳活用術!

黄熊

みなさんは、普段の生活で手帳を活用していますか?
今回は、手帳を活用して部活や勉強をする方法を紹介します!

 

◆食事内容を書いて部活でレベルアップ

運動部に所属する高校生が、部活で自分の好調な時、不調な時を調べるために、毎日の食事の内容を一品一品しっかり手帳に記録していました。納得のパフォーマンスが発揮できた時は、どんな物を食べていたのか、発揮できなった時の食事はなんだったのかを自分なりに分析して、部活でのレベルアップに生かそうという試みです。

◆勉強した時間を塗りつぶす

1日のスケジュール欄の横に6時~24時までの1時間単位の生活時間が印字されている手帳があります。その数字を自分ルールで、勉強時間に見立てた高校生がいました。月曜日に2時間勉強したら、生活時間2時間ぶんをカラーペンで塗りつぶす。しかも、手帳には勉強時間以外の他の予定は一切書き込まないんです。とても大胆な手帳の使い方ですが、手帳を開くだけで自分が取り組んだ一週間の勉強時間は、棒グラフ化されていて、パッと見れば分かりますよね。こんな使い方もあるんですね~!

◆勉強できない理由を探る

自宅での夕食後に勉強すると決めていた高校生がいたのですが、手帳に記してもなかなか実行できなかったそうです。手帳を振り返ってみると、夕食を食べる時間が日ごとにバラついていると気が付きました。そこで、夕食の時間を固定化して手帳に書き込みました。すると、時間管理が上手になり、勉強する時間をしっかり確保できるようになったんです。

 

簡単な紹介でしたが、これ以外にもいろんな活用の仕方があると思います。自分だけの活用法を見つけるのも楽しいかもしれませんね♪
これから、学年が変わり、新たな一歩を踏み出すスタートとして手帳を活用して勉強や部活に取り組んでみてはいかがでしょうかp(。`・ω・´)ノ

いつも読んでいただきありがとうございます♪