//勉強をはじめる前にすると良いこと~後編~

勉強をはじめる前にすると良いこと~後編~

さて今日は、前回お話しした「勉強を始める前にすると良いこと~前編~」の続きで

実際になぜ「お手伝い」が「能率の良い勉強法」につながるのかについてお話しします!


●言葉が脳に与える影響

「今やろうと思ってたのに!」

たしかにお母さんに口うるさく言われると、良い気はしないですよね

実は「良い気はしない」どころか、このネガティブな言葉は

脳にストレスを与え、意欲を削ぎ、記憶力を低下させてしまうのです!!

では逆に、脳をストレスから解放し記憶力をあげるには?

【ポジティブな言葉をかける】です

こんなとき活躍する素晴らしい言葉が「ありがとう」 これです

ありがとうと言われると、大したことじゃないと思っていても嬉しかったりしますよね

そこで「ありがとう」と手っ取り早く言ってもらう方法が「お手伝い」なのです

●挨拶もお手伝いも、大事なのは「自分から」

ここで大事なのは「携帯触ってる暇があるなら洗い物手伝ってよ!」

なんて言われる前に自分から手伝いを買って出ることです

「5分くらいで、何か手伝えることある?」(爽やかな笑顔)

さあ、きっとこれで5分後には「ありがとう」と言ってもらえるはずです!

 

●結論

お手伝いをすると

1.「ありがとう」と言ってもらえて

2.軽い運動もできて

3.お母さんも喜ぶ

4.勉強の能率も上がる

ストレスから解放された脳は、情報の入り口が広くなっているため

ぐんぐん吸収し記憶してくれることでしょう

気分よく勉強もできて家族関係もスムーズになる最高の方法!!

「勉強前のお手伝い」ぜひ習慣にしてください☆

熊本生まれ愛知育ち、 今は岐阜から全国に向けて、やる気の出る勉強法をお届けします。 生徒から「へ~!」と言われたことだけを発信します!