//センター英語の勉強法と解き方のコツ!①

センター英語の勉強法と解き方のコツ!①

センター英語の問題ってちょっと独特で、安定して8〜9割を取るには

センター英語に特化した対策が必要なんです。

単語・文法を鍛えたり、参考書を読んだり、問題集を何度も解いたりして、

確実に英語の基礎力を上げてきたつもりでも、

センター模試では7割しか取れなくて苦しんでいる人は数多くいます。

専用の対策が必須となるセンター英語を攻略するために、

この記事では出題傾向を分析し、センター英語対策に特化した勉強法を伝授します!

リスニングから長文読解まで、各大問ごとの対策法を載せていき、

最後にセンター英語全体として8〜9割を狙うための時間配分や解く順番のコツについて紹介します。

苦手な大問があったらそれは、あなたには単語力か、リスニング力か、読解力か…、

何かの能力がまだ足りていないという証拠です。

 

大問1 発音・アクセント

大問1は単語の発音と、アクセントの位置についての知識を問われる問題です。配点は発音問題3問×2点=6点 アクセント問題4問×2点=8点 の計14点です。
ここのセクションはただの知識問題なので、一番時間をかけてはいけない箇所です。ササっと終わらせて次に向かうようにしましょう。

単語のアクセントの位置についても、一つ一つ覚えていくのは気が遠くなる作業です。実は、アクセントにもある程度規則性があるんです。同じ音節にアクセントがある単語同士をグループ分けして覚えることもできます。アクセントの規則性やグループについてまとめられた参考書があるので、下に載せておきます。しかし、アクセントにも発音と同じく例外があるので、それはコツコツ覚えていくしかありません。

おススメ参考書

・フォニックスの参考書
『フォニックスってなんですか?』『CDBフォニックス<発音>トレーニングBOOK』

・発音・アクセント対策
『Next Stage』『GRAMMARMASTER』『POWER STAGE』

 

大問2 文法・語法・会話文

大問2は文法や語法、会話における定型句などについて訊かれます。配点は文法・語法の単問が10問×2点=20点 語句整序や会話応答などの問題が6問×4点=24点 計44点です。ここも素早く終わらせるべき分野です。確かな知識をもとに、迅速に、精密に解き切りましょう。

前置詞にイメージをもとう!

「at」、「on」、「in」、「across」など、英語の前置詞の使い方に苦戦する人は多いです。前置詞は基本的に1つで複数の意味をもっており、そのすべての意味を覚えきるのは至難の業です。そこでいい方法として、前置詞の意味ではなくイメージを覚えるという方法があります。例えば、「at」なら「ある特定の点」というイメージです。それを場所における「ある特定の点」と考えると、「〜で、〜において」という意味が出てきます。時間における「ある特定の点」と考えると、「〜時に」という意味が出てきます。このように「イメージ」を掴んで、「状況」に応用することで覚えなければならない知識の量を減らすことができます。

とにかく音読。

外国語学習においては、「音読」はとても重要です。その言語特有のリズムを体に叩き込むことで、文法上のミスは「違和感」として気づけることが多いです。解き終わった問題を口に出して何度か読んでみて、「正しい文法で書かれた文」のリズムを感覚的に覚えましょう。余談ですが、これは漢文学習においても江戸時代から「素読」として親しまれてきた学習法です。

 

大問3 類推や要約、文補充など

大問3は難しい単語の意味を文脈から類推させる問題や、本文の要約として正しい文を選ばせる問題など、年によって多岐にわたります。配点は中問Aが2問×4点=8点 中問Bが3問×5点=15点 中問Cが3問×6点=18点で、計41点です。

この大問は問題がバラエティに富むこともあって最も対策が難しいのですが、どれも英語の基礎力がしっかりと備わっていれば解ける問題になっていて、奇問悪問というわけではありません。他の大問を確実に解き切る力が備わってくれば、大問3の得点率も自然と上がります。したがって、大問3に限って特別な対策をする必要はないと思います。強いて言うなら、要約が苦手な人は普段から解き終わった長文の要約練習をしておくといいかもしれません。

 

 

今回は大問3まで。ここまではとにかくスピード勝負・・・

大問5、大問6というラスボスが控えていますからね。

しっかり対策を取りましょう!

https://www.studyplus.jp/52