//◆ノートの取り方・方法◆

◆ノートの取り方・方法◆

定期テストの対策をする時に、授業のノートを見返しますよね?
その時に、あれ?これ何のことだっけ??と思ったことありませんか?
今回は、テスト対策時の復習に役立つ授業ノートの取り方をご紹介します。

 

◆ノートは1科目1冊用意する

これは、やっている人はたくさんいると思います。もし…やってない人がいれば参考にしてくださいね!

まず、ノートの表紙に「科目名」を大きく書きます。
その下に「使い始めた日付と使い終わった日付」「通し番号(例)vol.〇」もわかるようにするといいでしょう。

面倒くさがりの人は、複数の科目を1冊のノートにまとめて書いてしまう人もいますが、ノートは1科目1冊が基本。そうしないとあとで見直す時に、どこにどの科目の内容が書いてあるか、わからなくなってしまうからです。

では、「ルーズリーフを使えば?」と考える人もいるかもしれませんが、その場合、後から順番を入れ替えたりするのは手間がかかります。整理するのが得意な人でない限り、避けたほうがいいでしょう゜・(x ω x)・゜。

 

◆◆ノートの取り方は、一緒にすること

ノートを取るときのポイントのひとつは、「一緒にすること」です!
まず、「タイトル(もしくは単元名)」、「教科書のページ数」、「ノートを取った日付」は決まった位置に書くようにするということです。

また、「ノートの決まった位置にメモ欄をつくる」「単元の最後にまとめ欄をつくる」など、自分が使いやすい形式を決めてみましょう。

余白を十分に取ることも大切です。後から見直しがしやすいですし、あとから気づいたことを書き込むこともできます。
また、ノートは見開き2ページで使うほうが、区切りがわかりやすいのでおすすめです!
3ページになってしまった場合は、隣のページを開けて、新しい見開きからスタートするといいでしょう(。+・`ω・´)

 

◆◆◆色ペン(アンダーライン)の使い方もルールを決めよう

板書を写す時、重要な部分を色ペン(アンダーライン)で印を付けることが多いと思います。この色や線も、あとから見直しやすいように自分なりのルールを決めるといいと思います。
この時、多くの色を使うと見づらくなってしまうので、普通の板書を書き写す「鉛筆(黒)」、重要なキーワードを書く「赤」、それ以外のポイントを示す「青(もしくは蛍光ペン)」の3種類くらいがおすすめです。

理科などの場合、ノートに図を描くことがありますが、丁寧に写していると時間が足りなくなってしまうことも。板書を写す際は定規を使ってきっちり描くよりも、フリーハンドで描いてしまうほうが、書き漏らしや聞き漏らしをする可能性が低くなります。

後から見直しやすいノートは、定期テスト対策はもちろん受験勉強のときも役立ちます。ここで紹介してあることをヒントにして自分なりに工夫をしてみましょう(‘ω’)ノ

いつも読んでいただきありがとうございます♪