//受験勉強って本当に役に立つの?
受験勉強

受験勉強って本当に役に立つの?

受験生はいよいよラストスパートをかける時期に突入しました(>_<)

高校1・2年生もテスト期間に入る学校が多いですね( ゚Д゚)

 

 

こんな時に、ふと考えること…

「今、やっている勉強って、本当に役に立つのかなぁ…?」

誰もが一度はこの疑問を持ったことがあると思います☆彡

 

 

今回は、受験勉強をする意味について触れたいと思います(^^)/

 

 

 

◆英語

英語は、大学に入ってもやはり必要です。

今の社会では、英語はどこにいっても欠かせないツールとなっているので、もちろん大学の授業でも必要ですし、社会に出ても必要なものでしょう。

大学院に進む方は、英語の試験もあります。

就職する人も、もちろんTOEICなどの英語のスコアを求められます。

ですので、英語は嫌いな方でも根気よく学習していきましょう!

 

 

◆数学

数学も欠かせない科目です。

たとえ文系学生であっても、最低限の知識や計算力は求められてしまいます

しかし、文系学生であれば、専攻内容によっては、学年が上がるにつれて、数学とは無縁になってしまう人もいるので、必ず関わりがあるとは限りません。

理系学生にとっては、言うまでもなく必要不可欠な科目です。

大学に入ると、さらに高度な内容を学習していくので、しっかり基礎からおさえておきましょう。

 

 

◆国語

古文・漢文に関しては、専門に勉強する人以外は、今後無縁になっていくでしょう。

もちろん、学生のうちに習った知識や教養は、今後生きてくる機会はあります。
国語力に関しては、残念ながら、全員必要になってきます。

大学に入ると、何千字ものレポートを書く機会が無数にあります。

その時に、国語力・文章力がなければ、何百字かですぐに書く内容がなくなってしまい、とても辛い思いをします。

ですので、国語力は欠かせない力となるでしょう。

 

 

◆理科

理科に関しては、文系学生には全く関わりが無くなってくるでしょう。

また、同じ理系学生でも、関わりがある科目とない科目があります。

例えば、機械系や電気系の学生は、化学とはもう関わりがなかったりします。

ですので理系学生は、同じ工学部でも、自分がどんな分野に興味があるのか、しっかり考えて自分が進む学科を選びましょう。

 

 

◆社会

理系学生には全く関わりが無くなります。

大学に入ってから、一般教養などで一部取り扱うかもしれませんが、ほとんど関わらないでしょう。

文系学生にとっては、やはり今後とも長い付き合いになってしまう科目なので、しっかりと学習しておきましょう。

 

 

 

【まとめ】

いかがでしたでしょうか?

大学に入ると、自分の専門や進む学部によって、大きく学習内容が変わります。

ですので、高校で学習が最後になってしまう科目もあります

受験時は、全ての科目を満遍なく学習しなければなりませんが、大学に入ると自分がしたい科目を勉強できるので、今は踏ん張って勉強してください。

しかしながら、今まで学習した内容が無駄になることはありません。

例えば、理系学生においても、社会情勢や歴史を知っていれば、ビジネスの話も理解できますし、文系学生においても、物理の話が分かっていれば、機械分野のビジネスに役立つこともあります。

このように、一概に学習してきたことが無駄になることはないので、安心してください。

ふとした瞬間に今まで習ったことが活きてくることがあるのです。

ですので、今の勉強がどこかで役に立つ!と思って勉強しておくと、将来きっと良いことがあるでしょう☆彡

 

 

 

参考サイト

大学受験の知識は本当に必要???その実態を暴きます!!!

 

 

 

 

 

 

千葉県生まれ、東京住まいを経て、現在は神奈川県在住。首都圏を駆け巡ってきたしし座のO型。今日もブログのネタ探しに全力疾走しています!