//【早稲田大学公表】政経など3学部で2021年大学入学共通テスト導入

【早稲田大学公表】政経など3学部で2021年大学入学共通テスト導入

2020年1月、現在の高校2年生(2018年現在)の受験を最後に
センター試験が廃止されます。

そのセンター試験に変わり
新たに導入されるのが
大学入学共通テストというものですが…

いち早く、早稲田大学が
その大学入学共通テストに関連した
2021年度入学試験の概要を発表しました。

政治経済学部、国際教養学部、スポーツ科学部は
全受験者に、大学入試センター試験にかわって
2021年1月に初めて実施される大学入学共通テストの受験を課す。
政経学部は英語の民間検定試験の得点も採用し、
学部独自試験は外国語、国語、地理歴史、数学を廃止して
日本語と英語の長文の記述式2問を新設する。

(詳細に関しては、早稲田大学入学センターWebサイトの「入試の変更点」で確認してください。)

要するに…

独自試験は日英両言語の長文問題のみとなり
大学入学共通テスト
英語外部検定試験
学部独自試験
の合計点で選抜する方式に変更。

ということらしい。

大学入学共通テストでは
必修が外国語、国語、数学の3科目、
選択科目は地歴、公民、数学、理科から選ぶことになり、
これまでの「理系」「文系」という区分もなくなっています。

幅広く基礎的な知識を身につけながら
受験というものにとらわれない
本質的な学力をつけることが必要ということですね。

私学の雄、早稲田大学。
どの程度、他大学の入試内容に影響するかはわかりません。

でも、
主要大学の中で2021年の試験内容を
ここまで具体的に明らかにしたのは初めてで
他の私立大学はもちろん国公立大学にも
少なからず影響を与えるのではないでしょうか。

不定期に現れては投稿するオヤジ。 インドの山奥から堅苦しいことを言って去って行く。 名前の由来は「ガンコじじい」の略だと言う。 (※本物のガンジーへのディスではありません) 得意記事:まじめな話系 このライターの記事を見る