//返済不要!?今話題の、給付型奨学金の条件や財源は…

返済不要!?今話題の、給付型奨学金の条件や財源は…

政府が“給付型”奨学金の検討を始めた

「奨学金」と聞くと、日本で一般的なのは返済が必要な貸与型奨学金ですが、昨今その返済に苦労する若者が多いのです。

 

中には、生活もままならないケースや、完済していないことが結婚のハードルになっていることもあります。

 

そんな中、政府が検討を始めたのは返済不要の給付型奨学金です。もちろん給付の条件もいくつかありました。

 

 

給付条件1:保護者の収入状況

大学生を対象にした返済の必要がない給付型の奨学金について、文部科学省などは生活保護世帯など経済的に厳しい家庭の子どもに対し、来年度から一定の成績の基準を満たすことなどを条件に毎月3万円を給付する方針を固めました。

出典:給付型奨学金 来年度から毎月3万円給付の方針固める NHK NEWS WEB

 

給付の対象となるのは、「生活保護世帯など」とあることから保護者の収入状況が条件の一つになるようです。

 

給付条件2:成績4以上

現在、保護者の収入以外に条件として出ているのが、生徒本人の成績。

 

具体的には、高校の成績が5段階評価で平均4以上でなければならないとのこと。

 

一見すると、経済状況が厳しい家庭の子どもに進学の機会が与えられる制度として評価できそうなのですが、

 

問題点もいくつか指摘されています。

 

これってどうなるの?指摘される問題点

 

「学校自体の学力差があるので不公平」

8b0729c73e23495389947ae25e280697_s

一律で成績4以上となっていますが、

 

「進学校で4を取るのと、そうではない学校で4を取るのとでは、難易度が違うのではないか?」
と、この部分を指摘する人は、非常に多く見られました。

 

「高卒認定資格取得者がカバーされていない」

06aaf2c12420a2a99ab13321355300c3_s

現時点の条件では、あくまでも高校に通っている生徒が対象となっており、

 

高卒認定資格(いわゆる大検)取得者がカバーされていません。

 

なんらかの理由で、高校へ進学できなかった人の中には、この資格を取得することで大学を目指している人もいます。

 

「そもそも3万円じゃ足りない」

9bf3d7cf256de84344b1a2e1db90e855_s

国公立の大学であっても、授業料は決して安くありません。

gakuhi

出典:入学から卒業までにかかるお金(2)学費編-マナビス

 

特に理系の大学であれば、教科書1冊が○万円なんていうこともあるのです。

 

例えば国立大学の場合、入学金が282,000円、授業料が年間535,800円なので、年間総額約82万円かかります。

給付金を1年間受給すると36万円なので、授業料だけで考えても18万円ほど足りません。

 

私立理系(平均額:すべておよその金額)では、入学金が262,000円、授業料が年間1,050,000円、加えて施設設備費が190,000円なので、年間総額約1,502,000円かかります。

これでは、受給額36万なので、授業料だけで考えても69万円も足りない計算になってしまいます。

 

本来の狙い通り、家計が苦しくても進学したい夢を叶えたい学生達が受給するとしたら、残りの額は一体どうやって……。

 

「財源は19歳から22歳の特定扶養控除からって…」

a4d13a40e9ef5f94a033850844a76de4_s

現在、19歳から22歳の子どもがいる家庭は、学費などの負担が大きいという理由から子ども一人あたり63万円の扶養控除が行われています。

 

しかし、今回の給付型奨学金の財源とするために、この控除対象を見直すというのです。

 

つまり、大学生のいる家庭からお金を集めて、大学生に渡すという図式になってしまいます。

 

この財源についても異議を唱える方が、大変多く見られました。

 

まとめ

63bbce0ca0c4862108865b829d2e8037_s

返済不要の奨学金制度ができることは、確かに喜ばしいことなのですが、対象と財源に問題が多く残されています。
今後、どのような議論がされていくのか、これから大学進学を控える高校生の皆さんや、大学生になるお子さんを持つ保護者の方には決して無関係とは言えない動向ですね。

 

今後、注意深く見ていくことになりそうです。

最後まで読んで頂きありがとうございます。 受験生向けにちょっと笑えるようなネタや、ウッと胸に刺さるような話を投稿しています。 得意記事:小ネタ、雑学系 このライターの記事を見る