//受験生必見!インフルエンザ予防接種のタイミング!!
受験生必見!インフルエンザ予防接種のタイミング!

受験生必見!インフルエンザ予防接種のタイミング!!

最近、めっきり寒くなってきましたね。

私は岐阜と愛知を行き来しているのでそのあたりの気温しかわかりませんが…

ニュースで全国の天気などを見る限り、街を歩く人たちの装いも

コートを着たりマフラーを巻いたりマスクをしたり

冬に向けて準備をし始めているように感じます。

実はうちの受講生もここ2週間くらいで急に体調を崩し始めていまして…

そこで!!受験生のみなさんだからこそ知っておいてもらいたい!

インフルエンザの予防接種を受ける時期についてお話しします!

■Point1 予防接種を受ける意味とは?

■Point2 予防接種を受ける時期

■Point3 受験に向けて気を付けること

■Point1 予防接種を受ける意味とは?

「今までインフルエンザかかったことないし、打たんでもよくない?」

「俺打ったのにインフルエンザなったことあるよ、あれ受ける意味ないやん」

インフルエンザにかかったことないって?

かかったことあるけどひどくならなかったから気づかんかっただけやろ!

そんでもし今までかかったことなかったとして、なんで今年もかからんと思う?帰納法か?!

という大人げない口喧嘩を受講生としてしまいました。

いや、それだけ大事なんです。予防接種。

 

予防接種には

・インフルエンザの発症を予防する

・インフルエンザが発症しても重症化を防ぐ

という効果があります。

・持続期間はだいたい3カ月~半年

「あんまり早く打つと効果が切れそうだし、1月に打つのが一番いいよね!」

ということではありません。

■Point2予防接種の受け方

そもそも予防接種は、安全なインフルエンザの種を体に入れることで

インフルエンザに対する抗体を作ろう、というものです。

体の中で抗体が作られるまでに2週間~1ヶ月くらいかかるらしいです。

そう思うと逆算して12月くらいには受けておいたほうがよさそうですよね。

ただ、12月になるとすでにインフルエンザが流行り始めていたり、

ワクチンが少なくなっていたり、寒さと乾燥ですでに体調を崩してしまっていたり、

予防接種後の副作用が1か月後に出たり…とちょっと不安要素があります。

なのでぜひ11月に受けておいてほしいですね!

 

手洗いうがいを気を付けて行うこと、

乾燥に気を付けて、水分や緑茶を定期的に飲むこと、

空気感染に気を付けてマスクをしていたとしても

菌がいっぱいついた手で鼻や口を触ったら同じことです。

水分と食事と睡眠を規則正しくとって、

健康な状態で合格発表を迎えましょう!

熊本生まれ愛知育ち、 今は岐阜から全国に向けて、やる気の出る勉強法をお届けします。 生徒から「へ~!」と言われたことだけを発信します!