//センター試験の出願について

センター試験の出願について

今回の内容は受験生の保護者の方も必見の内容です!
3年生の皆さんは、学校でセンター試験の“受験案内”をもらって、もう出願の準備を始めていると思います。
絶対に出し忘れがないように、くれぐれも注意してくださいね!!
高校在学者は、受験票と検定料受付証明書を提出します。
 ※在学者以外の方は、他の必要書類があります。
検定料受付証明書は、検定料を指定の郵便局や銀行に振り込んだ証明書です。
検定料は3教科以上(18000円)と3教科以下(12000円)で費用が異なります。
成績開示希望か否かでも異なります。
詳しくは“受験案内”をよく読んでくださいね!

さて…「私は私立大学志望なのでセンター試験は受けません。」
と考えている人もいると思います。
もちろんそれでもOKなのですが、合格のチャンスは多い方がいいですよね。

私立大学の“センター利用入試”は様々な種類があります。

①センターの点数のみで判定する
②センター+私立大入試の点数の組み合わせで判定する

①は受験の教科数が選べる場合もあります。
②はさまざまな組み合わせの受験方法があります。

センターの高得点の科目の点数を採用してくれたり、
得意科目を生かせる受験方法があったり、
 1月と3月の2回出願できたり

…と、大学によっては独自の入試方法をたくさん持っています。

ですから、私立大志望の人もセンター試験は受験しておいた方がいいのです

たとえセンターを利用しなくても、実際の入試会場で受験を体験することで、私立大一般入試の予行演習にもなり、度胸もつきますし、感覚もつかめます。

本命は一般受験で、第2・第3志望以下をセンター利用で受験すれば、受験費用も少なくなります
また、クラスのみんなが受けるのに自分は受けない、となると、不安になったりします。

私立大が本命なら一般入試を一番に考えてほしいですが、チャンスを広げる意味で“センター利用”もぜひ考えておいてください

ただし、あとから「受けたい」と思っても、センター試験の出願受付期間が終了したあとは、絶対に受け付けてくれませんので、迷っているのなら出願されておくことをおすすめします。

これは保護者の皆様も、ぜひご理解いただきたいところですので、よろしくお願い致します。

では、今日もがんばってくださいね!!ヽ(^。^)ノ

千葉県生まれ、東京住まいを経て、現在は神奈川県在住。首都圏を駆け巡ってきたしし座のO型。今日もブログのネタ探しに全力疾走しています!