//数学が好きになれる!かもしれない本
数学が好きになれる!かもしれない本

数学が好きになれる!かもしれない本

先日受講生からおすすめの本を貸してもらいました。

認知言語学についての本で、とっても面白そうなのですが

文章が堅すぎてまだ読めていません。

(大学の講義で使う本らしい…)

本を貸してくれた受講生は数学が嫌いで、

もう、数字を「n」と置いた時点で「n」に意識が行ってしまって

問題が解けない、という子でした。

わたしも数学が嫌いだったのでよくわかります。

そんな受講生におススメしたのが「博士の愛した数式」という本です。

何年か前にブームになった本なので知っている人も多いかもしれないですね。

文学が好きな人であれば、簡単に読める爽やかな本です。

読み終えるとなぜか数字や数式について調べてみたくなったり

数学者や数字に愛着がわいてきます。(今まで興味もなかったのに)

数学が好きになれば、難しい問題も挑戦してみたくなります。

簡単な問題にも自分なりに意味を見いだせるようになります。

 

数学が嫌いな人はまず

簡単に読める「博士の愛した数式」から手を出してみてはいかがでしょうか?

あらすじはみなさんご存知のこちらのページからどうぞ。

次は「フェルマーの最終定理」をおすすめしてみようかなと思います。

みなさんもおススメの本があったらコメントで教えてくださいね!

 

熊本生まれ愛知育ち、 今は岐阜から全国に向けて、やる気の出る勉強法をお届けします。 生徒から「へ~!」と言われたことだけを発信します!