//ちょっと変わった国家試験(資格)をご紹介!
ちょっと変わった国家試験(資格)をご紹介!

ちょっと変わった国家試験(資格)をご紹介!

外国語を使った仕事がしたい!

だから将来は旅行会社かCAさんかなあ?

そんなあなたに、こんな国家資格があります!

「通訳案内士」

2015年の来日外国人数は、約1,974万人を記録したそうです。

このまま東京オリンピックまでどんどん増えていくことでしょう。

そこで、この通訳案内士を持っていれば、活躍の場が広がるかも?!

通訳案内士の場合は「外国語が話せる」語学力以上に

歴史・地理・産業・文かについての幅広い知識が求められます。

外国から来た人と一緒に、各観光地や名所旧跡、伝統芸能などを

案内するので、多くの知識が必要なのは当たり前ですね。

2015年の合格率は19.3%と狭き門ですが、

年齢制限はないので、なんと最年少の合格者は14歳だとか!

気になる方はぜひ調べてみてください^^

「中小企業診断士」

中小企業の経営状況を診断し、改善点を指摘してよりよい会社へしていく

アドバイザーの役割ですね。

ちなみにこちらの試験の合格率は26%とやはり狭き門ですが、

実は日本企業の99.7%は中小企業

もっと大きな会社にしたい!もっと社員を幸せにしたい!

もっと社会に貢献したい!そんな中小企業を助ける

重要な仕事ですね^^

「パン製造技能士」

管理栄養士や調理師の資格は知っていても

パン製造オンリーの資格が国家試験であるとは

知らなかった人も多いのでは??

原料の選定から記事の配合、仕上げ、

製品の検査や管理までの技能が一定以上である

という称号です。

ちなみに2級1級特級とあり、

パン製造の実務経験が必要だそう。

将来の夢がパン屋さんの方、ぜひいつか取得してほしいですね^^

 

他にも、こんな資格あるよ!という方。コメントで教えてください!

熊本生まれ愛知育ち、 今は岐阜から全国に向けて、やる気の出る勉強法をお届けします。 生徒から「へ~!」と言われたことだけを発信します!